« ヤマザキナビスコカップvs横浜F・マリノス | Main | Bistaurant R.N.S.Q.(ビストラン エレネスク) »

Saturday, June 19, 2010

肉の会 2010<初夏>

先週土曜に行われた、恒例肉の会。↑は開催日の数日前、何かを見てソレがヒントとなり仕上がった渾身の盛り付けのアミューズ。では、はじまりはじまり~wine と言っても、肝心の料理の画像は殆ど無いのだけど…coldsweats01

このパテやら生ベーコンやらも、1週間以上前から夜な夜な頑張っていた(ぶうが)。あ、ココには映っていないリエットが好評だったねsign01

お兄ちゃんがくれたヒマワリconfident 何て愛らしいんでしょうnote 部屋を片付けて、いつもお花を飾っていたいナ、と真剣に思った。

ではでは、この日空けたワインをご紹介~。

ソフィア コッポラ ブラン・ド・ブラン 2009

葡萄品種:ピノ・ブラン 83%、リースリング 10%、マスカット 7%(多分)
原産地:アメリカ(カリフォルニア)
価格:2,680円(オンライン Wassy’sにて)

透明ピンクのフィルムでラッピングされているため、パッと見ロゼっぽかったのだけど、中身は白のスパークリングワイン。冷やしが甘く、今ひとつ愉しめなかった感があるのが残念、つか反省…sweat02 そうそう、口にした時に、何かコレちょっと癖ある…と思ったのはマスカットが入ってたから? それともピノ・ブランが主体だからなのかしら?? 見た目はかなり好みなので、毎ヴィンテージ試してみたいと思いますconfident 次回はキリッと冷やして飲むわrock

サンテロ ピノ・ロゼ NV

葡萄品種:ピノ・ビアンコ 70%、ピノ・ネロ 30%
原産地:イタリア(ピエモンテ州)
価格:1,000円(オンラインWassy’sにて)
輸入元:モトックス

ラベルのビビッドピンクがキュートな辛口ロゼの安旨スプマンテ。何だかこの日は(私だけ)泡の回りが速かったような…sweat02

マーティンボロー・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン・テ・テラ 2009

葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン
原産地:ニュージーランド(ワイララパ地方)
価格:1,869円(ワイン&WINEにて)
輸入元:ラック・コーポレーション

コチラの生産者さんのワインは「ラベルにテ・テラの字句があるものは、フランスになぞらえるとセカンド・ラベル」なのだそう。スクリューキャップを採用されています。ピノ・ノワールでの評価が高いらしいので、ソレもまたいずれ試してみたいナ。

ミル・ローズ メルロ 2007

葡萄品種:メルロー
原産地:フランス(ラングドッグ・ルーション)
価格:1,000円(オンラインWassy’sにて)
輸入元:ヴィノラム

赤ワインはあまり買わないのだけど、薔薇のラベルの赤とあっちゃあハナシは別smile カテゴライズは重口の赤ですが、飲みやすかった記憶が…。

Dscn8672

ヴーヴ・エレオノール・ブリュット・キュヴェ・シンフォニ・ドートンヌ・グラン・クリュ

葡萄品種:シャルドネ 100%
原産地:フランス(シャンパーニュ)
価格:4,179円(ウメムラ Wine Cellarにて)
輸入元:オーレ ジャパン

我が家初のレコルタン・マニュピュランshine 明るく華やかなエチケットもとっても素敵heart01 でも何しろ今回は冷やしが甘く、もったいない飲み方をしてしまった。リベンジせねばsweat01

コノスル ピノ・ノワール オシオ 2008

葡萄品種:ピノ・ノワール 100%
原産地:チリ(カサブランカ・ヴァレー)
価格:5,040円(酒宝庫MASHIMOにて)
輸入元:スマイル

セラー泣かせのこのオシオ。グイグイ引っ張り出したのか、エチケットがボロボロに…coldsweats02 生産量が僅か3,000本と聞き、昨年前ヴィンテージを手に入れ飲んでみたところ、赤が苦手な私にもその美味しさが分かったので、んじゃ出る度飲んでみるコトにした。コレは肉の会用にセラーに取って置いた1本。まだもう1本ある。今度は酔っぱらってないうちに飲んでみたい。

リュリー・レ・サン・ジャック アー・エ・ペー・ド・ヴィレーヌ 2007

葡萄品種:シャルドネ
原産地:フランス(ブルゴーニュ地方)
価格:2,919円(ワイン&WINEにて)
輸入元:ラック・コーポレーション

手頃なリュリーを見かけると思わず飲んでみたくなる。ワイン会のおかげねwink

↑は1合タンとあいちゃんが持って来てくれたビールの一部beer 重い思いしてせっかく持って来てくれたというのに、冷やさなくちゃ!と冷蔵庫前で私がオタオタしていたらぶうがキレ出し、お客様の前でバカじゃないかと思ったpig …そうよ、そういやまず、この出だしからしておかしかったのよdash

↑は謎の1本。ウチにあったのか、誰かが持って来てくれたのか、そもそもこの肉の会で飲まれたのか、何一つ覚えの無い謎めいたロゼ・カヴァ。ホントに全く覚えていない…sweat02

午後3時スタートで始まったこの会、気付いたら私はベッドの上で、部屋の外からガヤガヤと話し声が聞こえるので寝室のドアを開けると、皆が帰るところで驚いた。壁の時計を見ると10時半をまわっている。いつも以上に目がテンになったまま、狐につままれた気分で皆を見送った。未だ、いつ頃どうやってベッドに横たわったのかサッパリ記憶が無い。お料理も最初のちょっとしか食べてナイし、皆との会話も殆ど記憶に無く、私にとっては幻の会となってしまった。最初に泡を飛ばし過ぎたかナ? 今度はちゃんと起きていられるようペース配分するぞrock ではまた、ナビスコ決勝の日に~happy01paper

|

« ヤマザキナビスコカップvs横浜F・マリノス | Main | Bistaurant R.N.S.Q.(ビストラン エレネスク) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18927/48662922

Listed below are links to weblogs that reference 肉の会 2010<初夏>:

« ヤマザキナビスコカップvs横浜F・マリノス | Main | Bistaurant R.N.S.Q.(ビストラン エレネスク) »