« June 2010 | Main | August 2010 »

July 2010

Saturday, July 31, 2010

アルフォンス・メロ 特別ガラディナー

7月14日のフランス革命記念日に開催された、ひらまつのパリ祭に意を決しての初参加。この日ちょうどお誕生日を迎えるさとちゃんとパワフルあいちゃんに背中を押してもらった感じで、エイッsign03とねhappy01

代官山の駅で皆と待ち合わせ、文字通り、やいのやいの言いながら辿り着いたのがコチラの『メゾン ポール・ボキューズ』。気付けば15年ぶりぐらいに訪れた代官山でしたが、目に入るお店がどこもかしこも魅力的で、なかなか真っすぐ歩けずに大変苦労をしましたcoldsweats01 日を改めて遊びに来なっくっちゃ! というコトで、地下1階にあるコチラのお店にはらせん階段を降りて入りますconfident 受付を済ませた後はラウンジのソファーにてしばし寛ぎタイム。腰をかけるとすぐに、この日の1本目であるロゼがふるまわれました。程なくして席へと案内されましたが、私たちはメインダイニングの方でした。

Sancerre Rose La Moussiere et Rose de Sancerre 2008

右上にチラリと見えるのがそのロゼ。ラウンジから各自持参で移動。アミューズ・ブッシュのプチ・シューみたいなのと共に改めて頂きます。

ワクワク…lovely

野菜っぽいアレンジ。

Sancerre Blanc La Moussiere 2009

私はコレが一番好みでした~heart01

パン。

赤ピーマンのアイスクリームと
爽やかなミントの香りのガスパチョのゼリー

赤ピーマンがアイスクリームって…?と、のっけから意表を突かれ、たまりませんhappy02

オマール海老のサラダ仕立て トリュフ風味 ソース・オロール

のけぞり悶絶メニューshine 美味し過ぎてショックだった…。

Sancerre Blanc Edmond 2008

お店の方はコチラを絶賛していたけど、私はやっぱりさっきの方が好み。でも、こっちの方がコクがあって力強いのは分かった。

アマダイのポワレ ジャガイモのクリスティヤン ウロコ仕立て

ウロコに感動fish

Sancerre Rouge Generation XIX 2008

あぁ、記憶が…sweat02

赤ワインで柔らかく煮込んだほろほろ鶏のブレゼ
その胸肉とセップ茸のソテー 季節野菜を添えて

この夏は、ほろほろ鶏を頂く機会が多い気が…。

泡無しのワイン会か…と少し寂しく思っていたら、最後にポメリーがふるまわれ、万歳~note 

確かコチラは、よっぽどの時にしか作らぬ特別なお菓子という説明があったような。

“ガトー アンバサドゥール” ピスタチオのアイスクリームと共に

ハーブティー。ゴージャスちっくなカップ!

さとちゃん、お誕生日おめでとう~birthday そして、そんな大事な日に一緒に飲んだくれてくれて、どうもありがとう~wine これからもどうぞヨロシクね~note

ミニャルディーズは食べきれず、我が家はチョコを持ち帰りました。そのチョコがとっても美味しかったのよ!

待ち合わせから別れ際まで、終始やいのやいのと賑やかに騒がしく過ごした楽しい楽しい一夜でありましたconfident ただ一つ心残りは、生・浅丘ルリ子見たかった…bearing また来年も参加出来ますようにsign01

| | TrackBack (0)

Thursday, July 29, 2010

シャトー・カップ・ド・フォジェール 1999

シャトー・カップ・ド・フォジェール 1999
A.O.C コート・ド・カスティヨン シャトー元詰 限定品

葡萄品種:メルロー 85%、カベルネ・フラン 10%、カベルネ・ソーヴィニヨン 5%
原産地:フランス(ボルドー地方コート・ド・カスティヨン地区)
価格:1,764円(うきうきワインの玉手箱にて)
輸入元:モトックス

いつまでも赤が苦手と言っていたくもない。そういや5月にシブレットで飲んだ90年代の赤は飲みやすく美味しいと感じたコトを思い出し、ここらで2000年代ではない赤に挑戦してみようという気になって購入するに至った1本。そしてやはり、美味しかったheart04 ボトルの肩ら辺にオリがぺっとり付いていたよ~。

| | TrackBack (0)

Wednesday, July 28, 2010

ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン 2007

ドメーヌ・グロ・フレール・エ・セール ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ・ブラン 2007

葡萄品種:シャルドネ
原産地:フランス(ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区)
価格:2,604円(ワイン&WINEにて)
輸入元:スマイル

5月に特価で購入していた1本。通常よりも1,000円ちょい安くなっていたので試しに。ジャケ買い?では多分、手を出さないであろう真面目なエチケットでありますconfident お味の方もそんなだったような…sign02

| | TrackBack (0)

Monday, July 26, 2010

NV ブリュット カンポス・デ・エストレリャス

葡萄品種:チャレッロ 50%、マカベオ 25%、パレリャーダ 25%
原産地:スペイン(カタルーニャ州ペネデス地方)
価格:1,680円(ワインショップ ソムリエにて)
輸入元:トゥエンティーワンコミュニティ

お手頃価格のスペインのカヴァ。魔女っぽいsign02エチケットにも惹かれて。ちなみに「エストレリャス」とは“星”という意味なのだそう。あっという間に空になりました~smile

| | TrackBack (0)

Saturday, July 24, 2010

restaurant bacar(レストラン バカール) ③

3ヶ月弱ぶりにコチラへ。これまではずっと土曜の夜に来ていたのだけれど、もはやそんなコト言ってられなくなってきたのでやむなく…sweat02

この日は初めて来た時と同じ、我が家お気に入りの入口に一番近い席。ではまず、カヴァにて喉を潤しますconfident 

続きましては念願の、ケンゾーエステートの「あさつゆ」をボトルでlovely

asatsuyu(あさつゆ)

徐々にセットされていきますheart04

エッグマックマフィンの組み合わせに良く似たこのアミューズを、パクリと一口でsign01

・日本各地から取り寄せた有機野菜と能登産ズワイ蟹とカニミソのバーニャカウダ

実はこの日、たまには変えてみる?と、もう一つ別の前菜を紹介して頂いたのだけど、そちらにはカニミソは無しとのコトだったので、悩みに悩んでやはりいつもの↑を選択したのだった。だって、毎月来れるなら冒険もしたいけど、次はきっとかなり先だろうし…bearing

コチラのソースと、

右のブリオッシュは特許モノでしょwink

・バーニャカウダとどうぞ… 『稚あゆ』のフリット

前回に引き続き、また注文。

・長崎・対馬 虎魚(おこぜ)のフリチュール ソース・ブイヤベース

コチラは黒板から~。

ピンク・ナイフかわゆしheart01

・仏ブレス産仔鳩をアメリカンドッグ仕立て

この日のメインは、ぶうがずっと食べたがっていた↑をチョイス。あぁ、いつまで経ってもオマールに辿り着けない…crying

・本日の『意気ごみ』鉄鍋炊きあげご飯(鰯とフォアグラ)

ぶうのお気に入り。

・本日の『意気ごみ』鉄鍋炊きあげご飯(穴子とサマーポルチーニ)

ボケらっちょな画像で失礼sweat02 私好みの取り合わせでしたが、いつもこの辺りは既に満腹で、正直、苦しみながら食べている気が…despair コレもっと苦しくない状態で味わってみたいsign03

デザートは私は桃、ぶうはスフレを頂きましたconfident

ハーブティーと、

生キャラメルの時間帯はいつも、寂しさと、次回の予約は直近でいつと宣告されるのか…という不安が入り混じってフクザツな心境になりますsmile でも一応、年内に再訪出来るコトになりホッ…、いや違う違うっsweat01 何で5ヶ月も先なワケ~sign02

そうそう、我が家がコチラにお伺いする日はいつも悪天候で、この日もかなりの豪雨の中お店に辿り着きヘトヘトに…sprinkle なので次回は恐らく雪でしょうsnow 金曜の夜ってのは初めてだったけど、回転させていたようでかなり忙しそうでした。昨年の夏に初めて訪れた時も、既に人気店ではあったけれども、このペースだと来年は2回ぐらいしか来れなそうな気が…。でもホント、もしお気に入りのお店の予約が全部同じ日しか取れないとしたら絶対、ココが最優先! そのくらい大好きなお店なのですshine

| | TrackBack (0)

Friday, July 23, 2010

フランソワ・ミクルスキー・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット・限定品

葡萄品種:ピノ・ノワール 60%、シャルドネ 30%、アリゴテ10%
原産地:フランス(ブルゴーニュ)
価格:2,394円(うきうきワインの玉手箱にて)
輸入元:ファインズ

七夕の夜に空けた泡。お手頃スパークリングではありますが、もとは自家消費用であるらしく、数が限られているよう。やはりワインは一期一会ねconfident

| | TrackBack (0)

Thursday, July 22, 2010

ドメーヌ・トープノ・メルム ブルゴーニュ・アリゴテ 2004

葡萄品種:アリゴテ
原産地:フランス(ブルゴーニュ)
価格:1,659円(ワイン&WINEにて)
輸入元:ヴィレッジ・セラーズ

いつだったかの日曜日に開けた1本。この日初めて、アリゴテはあんまり好みでないことが分かったflair 酸っぱさを感じるのが得意でないのかも。空のボトルに酒石がキラキラしていました~shine

| | TrackBack (0)

Wednesday, July 21, 2010

クリニーク コーナー限定 サマー ギフト キャンペーン

毎年この時期(7月上旬)、クリニークで10,500円以上の買い物をすると日傘(晴雨兼用)が貰えるpresent ホワイトニングのルースパウダーとパウダリーファンデーションのリフィルを買い置きして、今年も無事GETrock かれこれ今年で4本目。ヤメラレナイよsign04

| | TrackBack (0)

Tuesday, July 20, 2010

美的7月号プレゼント

美的7月号プレゼントに当選したらしく、アモーレパシフィックの夏の快適ケアセットが送られてきた。抽選で100名だったようだ。

・アモーレパシフィック バランシング フルイド(化粧液)160ml<現品> \8,400
・アモーレパシフィック トリートメント トナー(化粧水)30ml<ミニサイズ>

ウィキによると、アモーレパシフィックは韓国国内第一位の化粧品メーカーなのだそう。知らなかった…sweat02 日本国内では7店舗のみしか取り扱いがないようで、せっかくなのでケチらず贅沢に使わせて頂こうと思いますconfident しばし手作りコスメをサボれるぞ…smile

| | TrackBack (0)

Sunday, July 18, 2010

La cuisine francaise L'EMBELLIR(ランベリー)

勢い余ってコチラにもdash

至福の昼シャンパーニュshine この日頂いたのは“Passion”という5,250円のメニューです。 

アミューズ・ブーシュは、またまたサンド系。スプーンの方の赤いのはスイカの燻製?だか何だかで、珍しい味わいでしたconfident

白をグラスで。

コチラのお店で最も印象に残ったのは、上に炭がのっかっているスモークバター。数珠繋がりのパンも食べ良く美味しかったナheart04

前日の濱崎に続いてまたもや前菜の盛り合わせでしたが、コチラも素晴らしかったshine まず初めに氷の敷き詰められたトレイの上に乗っているのを見せてくれてから、テーブルの傍で改めて盛りつけてくれます。そのトレイに乗せられたお料理がキラキラしてとっても綺麗で、この日一番の見せ場でありました~。

2杯目の白。

このお魚の一皿も美味しかったsign03 魚の表面のあられみたいなのがパリッとポリッと、そしてサクッと感もあって、食べていて楽しかったですhappy01

結構なボリュームのホロホロ鳥でしたが、添えられていた小さい人参がなかなか苦み走っていて存在感がありました~。

調子に乗って…

チーズを追加sweat02 スプーンにのっかったエポワスがたまりませんでした~happy02

涼しげで爽やかなデセールheart04

確かオリジナル・ブレンドのハーブティーだった気が…。

プティ・フールで初めて噂のクグロフにお目にかかりましたsign01 が、お腹がいっぱいで無理矢理押し込んだせいか、今ひとつありがたみが分からず、もったいないコトをしました…coldsweats01

お会計待ちの間に頂いた酢ドリンク。こうして振り返ると、昼からかなりのボリュームだったナ。白を基調とした素敵なレストランでした。またいずれ機会があれば、是非今度はコチラのスペシャリテの「農園野菜のテリーヌ」を頂いてみたいです。ご馳走さまでした~!

| | TrackBack (0)

Saturday, July 17, 2010

リストランテ濱崎

結婚(式)記念日の翌日は有休を取って、午前中は前々から行きたかったリーデルのグラスセミナーを受けて、お昼は久々にイタリアンを愉しんできましたconfident

食前酒はメロンが入った泡モノを。

コチラが噂のパリパリです!

一番のお目当てだけあってか、この前菜の盛り合わせは素晴らしかったshine お店の方が手前の炭火焼の蛸から時計回りに順番で一品ずつ説明してくれます。なので、その順番で頂くことにしました。炭火焼の蛸はホント絶品でした~happy02

リーデルのセミナーで既に飲んでいるので、ボトルはやめて、グラスで白ワインを頂くコトにしました。今頃気付いたのだけど、なかなか恐ろしげなエチケットだったのね…coldsweats01

蟹のパスタcancer 旨みがギュッsign01 この後はとうもろこしのラビオリが続きましたが、とうもろこしの甘みが際立った一皿でしたconfident(画像は割愛)

メインのお魚は鯛だったけナsign02

このデザ盛りも良かったshine チェリーはかなりの大きさで、ベリーも美味しかったし、ぶうは特にプリンを気に入っていたみたいpig

お店の方のご厚意でポルト酒をご馳走になりました~heart01

そだ、この右のゴマのをぶうが口にくわえた途端、何故か転げ落ちてしまって、そしたらすぐにまた同じモノを持って来てくれたんだった。

ハーブティーを頂いて、ご馳走さまでした~note

期待していた前菜の盛り合わせが期待通り素晴らしく、どうも、昼も夜もこの前菜の盛り合わせもデザ盛りも変わらないらしいので、だとしたらお昼の方がコストパフォーマンスは良さそうな気がしました。お店の方(ソムリエさん?)はベテランの方々とそうでなさそうな方々とでワリと差があるように思います。つか、厨房に一番近い席だったので、予想外の騒々しさには少し驚きを…。ま、でも厨房は戦場みたいなモンなんだろねcoldsweats01 でも、一度は行ってみたかったお店なので行けて良かったですconfident 平日ランチはイイね~sign01

| | TrackBack (0)

Thursday, July 15, 2010

Florilege(フロリレージュ)

5年目の結婚(式)記念日は、ぶう念願のコチラへ。初回訪問時においては恐らく、“お店に入る”というコト自体でまず遊べますwink アレだけ予習していったつもりでもやっぱ、ポストに手つっ込んでしまったよ…sweat02 初っ端から楽し過ぎるゾ~sign01

想像していたよりもかなり小ぢんまりとした店内。では、シャンパーニュで乾杯shine

・スナック

見た目は『ア・ニュ』のと良く似ていますが、コチラの方がミニミニサイズね。

白をボトルで。

・四角いグリーンオリーブ

何故にこんなにボケているのかしら?? コレは思っていたよりも全然大きくて、そして食べるのになかなか手こずりw、4分割ぐらいにして頂くのがちょうど良いかも。

我が家向きの面白お姉さん(サービスの方)は、↑のパンを独自に“カリパリモチ”と呼んでいるそう。

この車エビがひどく美味しかったんだよねぇーlovely

・フォアグラの重さとメレンゲの軽さ

かなり期待していた一皿でしたが、想像を更に超えた美味しさで、あー来れて良かったheart01と心から思いましたconfident

マグロであったことをぶうに確認smile

仔鳩であったことも確認wobbly 久々に持ち帰りたい骨に出会いました~happy02

赤をグラスでお願いしましたwine

裏仔鳩。

スイカ味のソルベ?

この日フォアグラや車エビのと並んで素晴らしかったのが、このアイスクリームのトリュフ添えshine 意外な組み合わせだからこそ!といったアッパレな一品。まさに目からウロコでありました~sign03

忘れてた! 記念日ディナーだった(笑) ありがとうございます<(_ _)>

・変わったパートドフリュイ

何の葡萄だったっけナ…sweat02 確かハーブティーも頂いて、ご馳走さまでした~。美味しかったし楽しかったよ~happy01

酔っ払いながらアノ階段を下りるのは大変酷ではありましたが、下りきって振り向くと川手シェフと(多分)あの面白お姉さんが見届けてくれていて、とっても嬉しくなって思わず、大きく手を振ってバイバイをしてしまいましたcoldsweats01 正直、お伺いする前は『ア・ニュ』っぽいイメージで、そんなに期待をしていなかったのだけど、バカールとはまた違った楽しさの、終始とっても楽しく過ごせる素敵なレストランでしたconfident なので早速ぶうに、来月のランチを予約してもらったよsmile 楽しみ楽しみnote

| | TrackBack (0)

Tuesday, July 13, 2010

野村不動産 「プラウドシティ赤羽」アンケート協力の御礼

もしかしたら当選ではなくて、アンケートに答えた人全員にくれたのかもなんだけど、クオカードが500円分送られてきましたloveletter 普段、通勤経路にコンビニが無いsweat02ので、まだ手を付けていませんが、もしもの時にきっと役立ってくれるコトでしょうconfident アンケートものは長いのが多いから、面倒くさくておろそかにしがちだったりするのだけど、でもやっぱ地道に頑張ろうと思ったよ。

| | TrackBack (0)

Cher×GISELe チェリー柄扇子

今年2本目の扇子。普段『GISELe』には無縁だけど、こんなにキュートな付録が付いてくるとあっちゃあ、買わんワケにはいかんでしょsign03smile 早速毎日、駅のホームや電車の中でパタパタパタパタ大活躍してくれていますshine この夏一番お気に入りの付録かもナnote

| | TrackBack (0)

ロゼリア カーヴォー・シャントコート 2008

葡萄品種:グルナッシュ 80%、カリニャン 10%、シラー 10%
原産地:フランス(コート・デュ・ローヌ)
価格:2,289円(ワイン&WINEにて)
輸入元:ヴィントナーズ

前にリュリーとかローガンを買おうとした時、↑のロゼは1本から送料無料だったので、抱き合わせで買ってみた。おかげで送料はクール便の210円だけで済んだ。そんな、ありがたいワイン。ロゼはやっぱり淡~いのが好きよsmile

| | TrackBack (0)

Saturday, July 10, 2010

ビストロ ラ・シブレット ⑤

6月のシブレット。ぶうは今年初の夜シブでしたnight

まずはポル・ロジェをボトルでお願いし、乾杯~shine

lovely

三重県的矢産岩ガキエシャロットビネガー

ぶうだけ頼んだ岩ガキを一口だけ貰った。久しくコースを食べていないので迷ったけれども、黒板メニューを見てしまったら、やはりこの日もアラカルトで…wink

近頃はだいぶ、セーブしながらパンを食べられるようになってきた気がする。この日もコレ1切れで大丈夫だった。

生うにと人参のムース コンソメゼリーよせ

奪い合いにならぬよう、1人1つずつはお約束。

2本目はアルザスの白(リースリング・グラン・クリュ・フェルシグベエルグ 2001)で。

お肉屋さんの盛り合わせ

ぶうの好きな一皿pig でも、ブーダンノワールは殆ど私が頂きます。

牡丹海老と桃のサラダ

この日、最もそそられた字面がコレheart01 頼まないワケがないでしょ~dash

貝類のスープ

牡蠣もゴロンと入ってたりして、かなり具(貝)だくさんなスープでしたconfident

シャラン産 鴨ムネ肉のエマンセ 牛蒡のソース

もの凄く美味しいお肉だったけれど、珍しくぶうが2切れぐらい口にしただけでお腹いっぱいになってしまい、泣く泣く包んでもらうコトに…weep 相当残したのがいけなかったのか、いつものカヌレも出してもらえず、ちと最後が残念だったナ…。でも、次の日温め直して食べたらやっぱ絶品でしたsign03 さすがシブレットcrown 今月は(我が家にしては)外食予定が立て込んでいて、珍しくシブレットの予約を入れておらず、でも8月はランチに行きたいと思って1日に電話したら、17時半過ぎに繋がった時には既に空きが無くって、結局しばらく行け無さそう…down ヤケに今月は電話が繋がらなかったナ。けどまあ、今回行って再確認したのは、我が家はやっぱ昼シブ向きだなってコト。夜は年に2回ぐらい行ければok よし、9月の予約頑張るゾーrock

| | TrackBack (0)

Wednesday, July 07, 2010

ディープクリーン 薬用バイタル ハミガキ

いつ応募したかもおぼえていない「花王ディープクリーン プレゼントキャンペーン」に当選したらしく、歯ブラシとハミガキ粉が送られてきた。一見、地味ではあるが、こういった生活必需品は間違いなく、使うし役に立つ。大物狙いの楽しさももちろんではあるけれど、確実sign02で堅実な小物狙いもワルくなくてよ、皆さんsmile 早速、明日の朝試してみよっとnote

| | TrackBack (0)

Tuesday, July 06, 2010

紫外線はねカエル

この夏、一目惚れしてたまらずに衝動買いをした日やけ止め乳液。昨夏までは化粧惑星の青いのと黄色いのを使っていたのだけど、このカエルは反則よぅsign04 可愛すぎる可愛すぎる可愛すぎる…happy02

| | TrackBack (0)

Sunday, July 04, 2010

キャーヴ・ド・ポール・ボキューズ 定例ワインの集い Vol.12

キャーヴ・ド・ポール・ボキューズ 定例ワインの集い Vol.12

この日初参加の慧ちゃんと、コンビニの前の信号待ちでバッタリ24hours 久々の地下でウレシイnote お水のグラスが青くなった。

Aperitif Maison aux Griottes

チェリーが入っているらしく酸っぱかったcherry そうそう、この日の食材は金沢ボキューズのOPENにちなんで、金沢モノをふんだんに取り入れているとの紹介が伊藤シェフからありましたconfident

パンも変わった。中も茶色くなって、モッチリ度が増した気がする。けど、うおっちくんも言ってたけど、私も前の方が好みかも。また食べ慣れれば変わるかナ?

Chardonnay-Reserve,Skalli 2008

前にも似たよなエチケットの白ワインを頂いたっけね。この日はコレを一番飲んだ。

サーディンのポワレ ジャガイモのクリスティヤン
ほろ苦いパセリのクーリーと共に

うおっちくんと、ジャガイモはどこだ?とアチコチめくって探してみたが、何てコトは無い、サーディンの周りの茶色いパン粉みたいなのが既にジャガイモらしく、拍子抜けしたcoldsweats01

ハギのラヴィオリ仕立て 南仏風小さな野菜添え
モルネー・ソース

フレンチでもラヴィオリを使うのね! 伊藤シェフのお料理には毎回驚きがあり、次はどんなだろ?と楽しみにさせてくれます。

Haut Medoc-Chateau Lanessan 2004

あんまり覚えてないゾ。

能登豚ロース肉のロースト タイム風味 そのジューソース
玉葱のコンポートとフォアグラ添え

凄い…sweat02 この会費(6,000円)でフォアグラを出してくれるだなんて…shine

Pacherenc du Vic-Bilh,Brumaire-Chateau Bouscasse 2005

コレは美味しかったnote

オレンジ風味のアプリコットのコンポート 蜂蜜のアイスクリーム
パン・デピスのチイュールとチョコレートのクーリー

メニューを見た時は、うっsweat02またチョコか…、とブルーになったけど、実際はこの刷毛で塗ったみたいなトコだけだったので助かったsign01 アプリコットは大好きだし(慧ちゃんはベロッと残してたねsmile)、白いクリームみたいなトコも普通だったらカスタードクリームとかで済ませそうなのに、蜂蜜のアイスだなんて、伊藤シェフはホント、素晴らしいセンスの持ち主sign03 濃いぃ~キャラメルクリームが挟まれたこのマカロンは、これまでで一番美味しかったheart01 マカロンシリーズ、万歳~happy01

この日はお店に入る前、恵比寿のアトレにある『アンシェヌマン ユニ/ポワン ド ミニョン』というショップで、バーゲン前なのに洋服を衝動買いしていしまった。時間が無かったのでよく見れなかったのが残念だが、これからしばらくはココで洋服を調達しようと思った。ワイン会に行く楽しみが更に増えて嬉しいheart04

| | TrackBack (0)

Saturday, July 03, 2010

Casa VINITALIA(カーザ ヴィニタリア) ③

3月に訪れた帰り際、W杯の日程とカブるかどうかなどという心配は頭の片隅にも無く、その後気付いた時にぶうにどうしようか?と相談したが、(日を)代える必要は無い、とキッパリいつになく、男らしく潔い判断を下したもんだから、従順な妻(私)はソレに従い、オランダ戦のこの日、のこのことまた麻布十番へとやって来た。

この日はアロマフレスカがあった方の席で頂くコトにした。半オープンエアsign02みたいな感じだったので、蚊に刺されないか心配だったsweat01 着席して間もなく、ソムリエさんがガラゴロとグラスワイン用のカートを押して来られたが、泡はボトルで頂きたかったのでリストを見せてもらい、ぶうの選んだスプマンテを1本お願いし乾杯をした。でも次回はグラスでアレコレ飲んでみるつもり。

メニューリストが変わり、写真が貼ってあったり、それぞれのお料理に合うワインのタイプなども紹介されており、けど今回もコースをお願いした。

手前のひし形のゴマとチーズのパンが大好きheart

・菜園風 季節野菜のカーザヴィニタリア スタイル

今回は浜防風(ハマボウフウ)という野菜(本来は砂地に自生する山菜らしい)が珍しかった。ソースはゴルゴンゾーラの他に、アンチョビの方をハーフで頂くコトにした。2つあると(心が)落ち着く。

・初夏の豆のスープ仕立て

豆の風味優しい爽やかなスープだった。ぶうは穴子のフリット 夏トリュフ添えを食べてた。

泡が終わってしまったので、白をボトルで追加。

・タラバ蟹、毛蟹、ワタリ蟹のリゾピラフ

念願のsign03…だったワリには、期待がデカ過ぎたせいか感動が薄く、でも一度は絶対に食べたかったから良かったcancer 手打ちパスタのピーチか桜海老のリゾピラフとも迷ったんだよなぁー。 

・もち豚のロースト

美味しかったのだけど、お腹が苦しくなってしまったので、途中でぶうにあげた。

野菜のココットは茄子。甘かった。

シンプルパスタは前々から気になっていたチーズ&バターのこってり系を30gでお願いした。

ドルチェは一番サッパリと爽やかそうなモノを。パッションフルーツの種がプチプチして美味しかった!

ハーブティーは何にしたっけな??

このメレンゲらしきものでフォアグラ食べたい…、と反射的に思ってしまうのはフロリレージュ病ねsmile

17時半に入って20時過ぎには食べ終え(てしまいsweat02)、次回の予約を済ませて足早に帰宅dash 途中、十番の駅近のスポーツバーみたいなトコでは、外にまで代表ユニを着た人たちが溢れていた。地下鉄の構内も、乗り継ぎの池袋の地下も、どこもかしこも空いていて、明らかにオランダ戦の影響と分かった。急ぐ余り、途中からタクシーを使い、更にその車内のラジオ中継で失点に出くわした。

後半には間にあった。が4年後は、キチンと日程を把握してからレストランの予約を入れなくちゃ!と心から反省をした。バカールだけは例外かもだけど…、ねwink

| | TrackBack (1)

« June 2010 | Main | August 2010 »