« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

Thursday, September 30, 2010

LE BOURGUIGNON(ル・ブルギニオン)

天皇杯(駒場)のあった昼に初訪問。渋谷から都バスbusに揺られて六本木六丁目のバス停にて下車し、ヒルズの脇をトコトコと広尾方面に向かって5分ぐらいで到着。途中にあった百均で菜箸を購入~。

開店時間に予約をしていたのは我が家だけであったよう。まずはシャンパーニュで乾杯をshine

プチシュー。

パンとバター。

グラスワインは色々選ばせてくれるので嬉しいnote

ソツなく美味しいのは重々分かってはいても、改めてシブレットの偉大さを思い知らされるコトに…。アレの代わりを見つけるのはホント、至難の業と思う。こりゃ新店OPENまでは、究極の生うにと人参のムースを求め続ける旅人にならざるを得ないね…。

2杯目に選んだ白ワイン。

メインはお魚にしてみたfish けど、お魚以上に添えられている野菜が素晴らしく美味しくて感動shine 中でも、カボチャのような里芋のような、けどどちらでもない初めての食感のモノがあったので帰りがけにシェフに訊ねてみたら、バターナッツかぼちゃというやはり初耳の野菜であった。この日一番の思い出となった一皿。

デザ盛り。

お姉さんにお任せしたハーブティー。2時間ちょいの素敵なランチタイムとなりましたconfident 菊地シェフ、美味しいお料理ご馳走さまでした~happy01 

窓を背にして座っていたからか、どれもこれも画像が暗いね…sweat02 ずっと来たいと思ってはいたもののついつい日が経ってしまい、ようやく訪問するコトが出来て、そして評判どおりの素敵なお店であることが分かって、そうときたらやっぱ次の目標は年内のディナーでしょrestaurant てか私、そういやこの日が初ヒルズだったよwobbly 通り抜けただけだけど…sweat02 次はも少し徘徊してみよっと!

| | TrackBack (0)

Monday, September 27, 2010

ダール・エ・リボ クローズ・エルミタージュ・セ・プランタン 2008

葡萄品種:シラー 100%
原産地:フランス(コートデュローヌ)
価格:2,835円(葡萄酒蔵ゆはらにて)
輸入元:野村ユニソン

ぶうが「南の赤が飲みたい。シラーとか。」と言い出したので買ってみた1本。パラグアイ戦の夜に開けてみたのだけど、結果、ココ最近の赤では一番のヒットとなったshine(もちろん味わいの面で) けど、私からすると何より魅力的なのはこのエチケットheart04 幾ら見てても飽きナイよ~! ボトル捨てるのさえ忍びなくなってきた…sweat02 コチラの生産者さんの他のワイン(泡や白)も是非それぞれ試してみたいゾrock 来日してワイン会やってくれないかしら…wink

| | TrackBack (0)

Sunday, September 26, 2010

ブヴェ・ラドゥベイ ラ・ピラミッド・ブリュット

葡萄品種:シュナン・ブラン
原産地:フランス(ロワール地方)
価格:2,940円(東武百貨店池袋店ワインマーケット店頭にて)
輸入元:エノテカ

箱に入っててちょっと豪華そうに見えたので購入。ちょうどカゴメの桃のジュースがいっぱいあったので、ベリーニを作ってみたheart01 そのうちまたラ・フランスのジュースが届くハズだから、そしたらまた泡で割ってみよっと!

| | TrackBack (0)

Saturday, September 25, 2010

日本のワイナリーに行こう 2011

何年か前にも一度買ったコトがあるこのシリーズ。どうやら2年に一度出ているよう。山梨辺りなら日帰り出来るのだから、この本を頼りに色々周ってみたいナと思う。他にも、埼玉県内の秩父ワイン、足利のココファーム・ワイナリー、牛久のシャトーカミヤあたりは近そう! そうと知ったらスグにでも行きたくなってきた! さあ、調べるゾーrock

| | TrackBack (0)

Jリーグ第21節vs鹿島アントラーズ

2010Jリーグ・ディビジョン1 第21節 
浦和レッズvs鹿島アントラーズ 
2010年8月28日(土)18:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半0-0)鹿島アントラーズ
得点者:80分ポンテ、90+5分本山
入場者数:51,177人

この日は、ただ行かなかった。どこか他に出かけたワケでもなく。まあ、夏は暑いからイヤだ!というのが、我が亭主の一貫した姿勢ではあり、コレだけはシャキッとしている。

8/28(土) 夜の体重 : 58.8 kg
8/28(土) 夜の体脂肪率 : 30.4 %

最近は58キロ台で一定している。食べ過ぎなのか、病気のせいか、まあ多分、それらのミックスとは思うけど、それにしてもヒドイbomb 秋服が欲しくても、買う気(お店に入る気)が削がれ、昔はスラッと着こなしていた服を現在は、パッツンパッツンにさせながら纏っている。という、悲しい秋のお話maple

| | TrackBack (0)

Thursday, September 23, 2010

ピュアスマイル エッセンスマスク

池袋の『AINZ&TULPE(アインズ&トルペ)』で見付けたフェイスマスク。ズラリと陳列されていたから全種類揃っているのかと思ったが、18種類中12種類しか並んでいなくて、ちと残念weep 私が買ったのは、

・001(レモンエキス)
・005(ローズエキス)
・006(ザクロエキス)
・007(ストロベリーエキス)
・008(グレープエキス)
・010(ハーブエキス)
・011(アロエエキス)
・012(キュウリエキス)
・013(緑茶エキス)
・014(ビタミンエキス)
・015(ローヤルゼリーエキス)
・018(真珠エキス)

の12点。他にはアプリコットやニンジン、トマト、海藻、ポテトに朝鮮人参なんてのがあるようなので、是非また見付けてこのシリーズを制覇したいと思いますconfident これからの季節は、お風呂上がりのスキンケアが楽しめて良いねspa 順番に使っていこっとnote

| | TrackBack (0)

Wednesday, September 22, 2010

ドメーヌ・ロン・デパキ シャブリ・ラ・キュヴェ・デパキ 2008

葡萄品種:シャルドネ 100%
原産地:フランス(ブルゴーニュ地方シャブリ地区)
価格:2,079円(うきうきワインの玉手箱にて)
輸入元:メルシャン

ネットで購入したが後日、裏のヨーカドーのワインコーナーにも陳列されているのを発見し、ちとガッカリしてしまったいわく付きの1本。鹿島戦の夜に我が家で開けた。ただ辛いばっかりの白や泡は、あまり好みで無いと気付いた今日この頃…。京橋の『メルシャン・サロン』には行ってみたいナwine

| | TrackBack (0)

Tuesday, September 21, 2010

新築マンションポータルサイト「MAJOR7」 第13回マンショントレンドアンケート 当選のお知らせ

「QUOカード 1,000円分」が当たった。けど、日頃コンビニやマツキヨに殆ど縁が無く、ファミレスにも行かないし、そういや前回ヨソで当たった500円のQUOカードも、未だ使い切れぬままお財布の中にいる…moneybag もしもの時のお守り代わりにしよっと! MAJOR7事務局さん、どうもありがとうございました~happy01

| | TrackBack (0)

Monday, September 20, 2010

ルピシア 今月のお茶(2010年9月号)

・ネプチューン(リーフティー)
 ~蜂蜜に漬け込んだフルーツが豊かに香る紅茶。まろやかな味わいに、マリーゴールドの花びらが華やかさを添えています。~
 浸出時間:2.5-3分
 煎出回数:1-2回
 原材料名:紅茶、マリーゴールド、香料

・巨峰(ティーバッグ)
 ~ぶどうの名品・巨峰の甘酸っぱく深い香りが煎茶によくなじんだ、上品な風味のお茶に仕上がりました。~
 浸出時間:1.5-2分
 原材料名:緑茶(日本)、グリーンレーズン、ブルーマロウ、香料

と、小袋の説明書きを引用させて頂きましたconfident そういや数ヶ月前に届いたお便りの中に、ルピシアのお店で使える1,000円分の商品券が入っていて、とっても嬉しかったのだけど、なかなか店舗に伺う機会が無く、有効期限も10月いっぱいと段々迫ってきて焦り中…sweat01 自由が丘の本店にはレストランが併設されているそうで、毎週日曜のみの<極上の朝食(1,700円)>は、前からちょっと気にはなっているのだけど…。でも、商品券よりも交通費の方がオーバーするとなると…やっぱねぇー、って考えちゃうワケcoldsweats01

| | TrackBack (0)

Friday, September 17, 2010

キャーヴ・ド・ポール・ボキューズ 定例ワインの集い Vol.14

先月は慧ちゃんとぶうと3人でwine

Aperitif Maison (Peche)

何故か期待していた程では無かった(ように感じた)ベリーニsweat02 確か山形あたりの桃と言っていたような…。

いつものパン。

赤ピーマンのムース
爽やかなフレッシュトマトのシャーベットとのアンサンブル

Chardonnay,Les Penitents - Alphonse Mellot 2007

スズキのロースト 香草風味 カリフラワーのピューレと共に
ノワイリーの香りの軽いムースリーヌソース

(見た目が)地味な一皿w

Mercurey - Faiveley 2003

赤ワインで柔らかく煮込んだ鴨もも肉のブレゼ
その胸肉とシャンピニオンのソテー ほうれん草のクリーム添え

私はこの日はコレが一番美味しく感じたナ。特に“ほうれん草のクリーム添え”は、ぶうも気に入ってた!

Porto 10 dage - Rozes

チョコレートのフォンダン仕立て
赤ワインで煮込んだプラム入りバニラアイスクリームと一緒に

赤ワインの煮込み二皿目。やっぱ〆のチョコレートは重過ぎる…bomb

会の初めに伊藤シェフが、コレはどうしても作りたかった!アレもどうしても作ってみたかった!、とかなり意気込んでいらしたワリにはいつもより(私には)パッとせず、お料理にしてもワインにしても、チョイと拍子抜けな感じを受けた会ではありましたがsweat02、ソレとは裏腹にレストラン自体は、1Fも2Fもいつもに増して活気が溢れており、22時をだいぶ回っても大勢の皆さんがまだ余韻を楽しまれていましたconfident

つか早く、10月の日程を教えて欲しいんだけどsign04sign04

| | TrackBack (0)

Thursday, September 16, 2010

『美的』10月号 特別付録①②&小学館 ’10秋のファッション誌フェア 第1弾

特別付録①
BITEKI×SONIA RYKIEL BEAUTE “つやり肌”完成!ベースメークBOX
・プードゥル フィニシオン パルフェット(カードサンプル)
・ラトゥー エクラ ペルフェクシオン(2回分)

特別付録②
ミニミニ女っぷりミラー

そういや、20代の前半はソニア リキエルを使っていたっけ。後半はジバンシィだったわ。嗚呼、懐かしい思い出…。そうそう、今回は箱の真ん中の赤いハートのミラー狙いで購入~heart 皆さん、ちゃんと保護フィルムは外しましたか~?smile

そして、何より嬉しかったのが、チェブラーシカのキラキラブックマーカーshine 12月に公開される映画の割引券も付いていますconfident 次回はチェブラーシカの形をしたクリップが貰えるので、ソレもとっても楽しみnote チェブラーシカ、可愛すぎる…lovely

| | TrackBack (0)

Jリーグ第20節vs湘南ベルマーレ

2010Jリーグ・ディビジョン1 第20節 
湘南ベルマーレvs浦和レッズ 
2010年8月21日(土)19:03キックオフ・平塚競技場
試合結果
湘南ベルマーレ1-4(前半0-0)浦和レッズ
得点者:55分スピラノビッチ、62分セルヒオ、78・79分エジミウソン、90+1分島村(湘南)
入場者数:14,095人

サンクトガーレンのビールは飲んでみたかったが、早いトコ『SALA AMABILE』に行ってみたい!という気持ちの方が勝り、この日も結局、行かずじまいの見れずじまいであった。そういや私はまだ、平塚に行ったコトが無い。食べログもちょろっと見てみたが、これまた地味さが否めナイ。サンクトガーレンのビールだけではキビシイが、真っ昼間のゲームなら、更に奥に行くのはアリかも…と思ったflair

8/21(土) 夜の体重 : 57.8 kg
8/21(土) 夜の体脂肪率 : 30.2 %

今現在は、こんなもんでない…shock

| | TrackBack (0)

Monday, September 13, 2010

SALA AMABILE(サーラ アマービレ)

予約開始日に30分ぐらいかけ続けて繋がった銀座のコチラへ、湘南戦の日にランチで訪れましたconfident

白い!

飲み物含めて7,000円ポッキリ!というのが最大のウリsign02であるこのお昼のコース。それでは遠慮なく、まずはプロセッコで乾杯~shine

ぬぉーーっ!いっぺんにいっぱい運ばれてきたゾーdash

・バーニャカウダ

ぶう向きな量。私はやっぱりヴィニタリア級の量でないと…smile

・サーモンのカルパッチョ サルサ バニェット添え

・うなぎとキャビア

・旬魚のフリット 青トマトとライム ミント風味

・ニョッコ フリットと生ハム グアンチャーレ サラーメ

コレもぶうが気に入っていたっけ。

ここいらで白にチェンジ。

・ミモザサラダと焼きパルミジャーノ

・ポルチーニ茸のスープと蒸し蛸

コレはぶうが気に入っていた一品。コクと旨みがスープにしっかり出ていて飲み応えがありました!

・本日のお楽しみ一皿

pig ぶうによると金華豚という豚だそう。

・花咲蟹の冷製カッペリーニ

一口すぎるよsign04

そういえば、パンが出てくるのがかなり遅めだったかも。ぶうはプレモルを飲んでいる。

・高坂鶏のディアボラ風

↑はメニューに無かった一品だったらしい。コロッケにトリュフがまぶしてあるような何かでしたconfident

・スパゲッティ焼きとうもろこしのアーリオ オーリオ

さっきの花咲蟹もこのくらいの量だったら良かったのに…weep

・海の幸のフレーグラ

粒々した丸っちいのが“フレーグラ”だそう。

赤も飲んどくか。

・仔牛の煮込みのラガーネ

・カボチャのリゾット 牛ホホ肉の煮込み添え ゴルゴンゾーラ風味

近隣の席の人が頼んでいたのを真似てみたsmile ブラッドオレンジジュースです。

お好みデザートは桃をチョイスheart01

ハーブティーは何だったけナ?

2時間ちょいの優雅なランチでありました~。そうそう、帰りに見送って頂いた女性のスタッフが、大石恵にソックリで、とーっても小顔で美形で、すっかり見とれてしまいました! そもそも、大石恵は今どうしているのかしら?? お料理にコレといった特徴を感じられなかったため、再訪は遠そうですがsweat02、もう少しパスタのボリュームが増えたなら、また行ってみたいかも。アロマフレスカは…、年内は無さそだナcoldsweats01

| | TrackBack (0)

Friday, September 10, 2010

ブル・ド・パッション ブリュット

葡萄品種:ユニブラン 40%、コロンバール 30%、マカブー 30%
原産地:フランス(ルーション)
価格:1,627円(葡萄酒蔵ゆはらにて)
輸入元:ディオニー

あのラ・パッションの初スパークリングということで即座に飛びつきました。平日の夜向きなお手頃プライスも魅力のひとつですconfident

| | TrackBack (0)

Thursday, September 09, 2010

vom FASSにて

先月の半ばだったか、池袋東武の『vom fass(フォム ファス)』でラッキーバッグみたいなのが売り出された日があって、昼休みに寄ってみたらラスト3袋ぐらいだったので、思い切って買ってみた。2,000円だったと思う。

・Exvオリーブオイル ビオカノ(スペイン アンダルシア地方産)100ml
・Exvオリーブオイル リモーネ(レモンの香り)100ml
・胡麻油 100ml
・ワルドブルグ バルサムビネガー ラズベリー 100ml
・ハーブビネガー (ドイツ伝統のビネガー) 100ml

そして、くじを引いたらオリーブオイル(ビオカノ)と白ワインビネガーのミニボトルが当たったscissors ここ数年は、初売り初日に池袋まで周り切れなくって、コチラの福袋もごぶさたしてしまっているから、こうやって半端な時期に見かけると、ついつい手が伸びる。そろそろ、2011年に欲しい福袋のリストアップを始めなくちゃ…dash

| | TrackBack (0)

Jリーグ第18節vs名古屋グランパス

2010Jリーグ・ディビジョン1 第18節 
名古屋グランパスvs浦和レッズ 
2010年8月14日(土)19:03キックオフ・豊田スタジアム
試合結果
名古屋グランパス3-1(前半0-0)vs浦和レッズ
得点者:54分闘莉王(名古屋)、65分宇賀神、79・ 83分玉田(名古屋)
入場者数:31,715人

名古屋には行きたかった。闘莉王やアレくんもいるし、何よりサンプラザ シーズンズにまた泊まりたかったからだ。でも、交通費がもったいないとか、東海道新幹線には乗りたくないとか、お盆は暑いとか、そういった諸々のマイナス要因が行きたいと思う気持ちを軽く上回ってしまったため、やっぱり家に居た。でも、来年行けたら、アロマフレスカに行ってみたいナrestaurant 銀座よりは予約が取りやすいらしいのよねwink

| | TrackBack (0)

Wednesday, September 08, 2010

ミル・ローズ レ・サンソー 2009

葡萄品種:サンソー 100%
原産地:フランス(ラングドック・ルシヨン地方コトー・デュ・リブロン)
価格:1,344円(リカーMORISAWAにて)
輸入元:ヴィノラム

バラ柄のエチケットに惹かれてつい…heart01 ヴァン・ド・ペイのビオワイン。この“サンソー”という品種は南仏地域の広範囲で栽培されているそうで、通常はカリニャン種とブレンドされることが多いらしく、100%なコチラは珍しいのかも。名古屋戦の夜に我が家で飲みました~。

| | TrackBack (0)

Monday, September 06, 2010

Otowa restaurant(オトワ レストラン)

夏休みを利用して、宇都宮にあるフレンチのお店に日帰りでランチを食べに行って来ました。なかなかの小旅行でありました~。

開店時間に予約を入れていたのだけど、お盆のせいか、個室だか別室だかのファミリーの他にはしばらく、メインフロアには我が家のみで、ちょっと申し訳ナイ気持ちに…sweat02

昼シャンパーニュで乾杯~note

前夜に訪れた中華に続いて、この日もホジリ系のアミューズから始まりました~。

優等生タイプのパン。もちろん、良い意味で!

・海の幸のサラダ仕立て

私が頂いた「お昼のコース(前菜、スープ、主菜、デザート)4,200円」の前菜がコチラのお皿。第一印象となる見た目の彩りの鮮やかさに喜び、肉厚の帆立や、海老とアボカドのタルタル、イカやタコにサーモン、ムール貝等々を、新鮮なお野菜と併せて次々に味わっていく楽しさもまた格別で、本当に素晴らしい一皿でありましたconfident 

グラスで頂いた白ワイン。

・栃木県産味来のとうもろこしスープ トマトのソルベ添え

お次はスープ。初めは中央のトマトのシャーベットだけがお皿にのって運ばれて来ます。そして、目の前でとうもろこしの甘いスープが注がれるのです。

ツチノコみたいなパン。

メインに向けて赤ワインをスタンバイ!

・仔羊のロティ ローズマリーのソースとレモンコンフィ

主役の美味しさはもちろんのこと、付け合わせのお野菜の中のソテーされたなめこがまた、かなりの存在感を放っていましたshine

・バジルとレモンのブランマンジェ パイナップルのスープ

あれれ…。記憶が…coldsweats01

ミニヤルディーズは田川という川に面した窓際の席に場所を移して頂きました。昼間の風景はほぼ、こんにゃく工場一色でありましたが(笑)、夜はどうなんでしょう? あのこんにゃく工場、ライトアップされるのかしら??

一杯目のハーブティー。

二杯目のハーブティーは優雅なカップで…confident

僅か2時間のランチタイムではありましたが、評判どおりの魅力溢れるレストランであることは充分に感じ取るコトが出来ました。次は年内に夜行ってみよう!と計画中です。意外sign02にお話好きでいらっしゃる音羽シェフを始め、温かく迎え入れて下さるマダム、ベテランの素敵なスタッフ陣と、そう、コチラのお店はお料理だけでなく、“人”もまたとても魅力的に映りました。7月にランチで行って予想外sign02の美味しさにビックリさせられたあの『エキュレ』の後藤シェフは、コチラのお店の出と聞いていましたが、実際かなりの影響を受けられているように感じました。エキュレも後藤シェフのうちに、あと2回ぐらいは行っておきたいナと思っていますconfident そんな夏休み初日でした~happy01

| | TrackBack (0)

Friday, September 03, 2010

「サヨナラ」三部作、そして

信じかたを教えて(川村真澄/林哲司/船山基紀) (1986.08.05)

サヨナラは私のために(川村真澄/林哲司/船山基紀) (1986.12.16)

思い出をきれいにしないで(川村真澄/林哲司/船山基紀) (1987.03.21)

と、ご存知、伊代ちゃんの、ここまでがいわゆる「サヨナラ」三部作。なんだけど、

すてきなジェラシー(川村真澄/岸正之/船山基紀) (1987.11.04 )

三部作直後のこの曲を忘れてはダメなのよ、皆さんsweat01

『センチメンタル・ジャーニー』にばっか気を取られていると損をするゾーdash にしても、この一連の川村真澄の詞は神がかっていると思いませんか…shine

| | TrackBack (0)

Thursday, September 02, 2010

麻布長江 香福筵

お盆前に行って来た西麻布の中華料理店。主に四川系のよう。前夜に急遽、open tableで予約を入れ、仕事を終えた後、都バスに揺られて辿り着きました~bus

外苑西通りに面したプチ個室へと案内して頂きましたconfident 第一印象はズバリ“中華のbacar”。

青島(チンタオ)プレミアム

初めて目にしたキラキラボトルに惹かれ、空ボトルを持ち帰らせてもらうコトに…wink

6,300円のおまかせコースを注文。

玉蜀黍の下に居たのは、確かウニshine

早々に紹興酒へとシフトします。

あ、何かこんな海老食べたかも…。

コチラの葉っぱにくるまれていたのは、

白身のお魚でした~。

ここいらでチェイサー用のお茶を注文。

と~っても辛かった一皿。コロンとした唐辛子は食べてはいけないと、事前にお店の人に注意をされました。

フカヒレの細切れスープ。濃厚でコクがあって、ようやくフカヒレを美味しいと思えて良かった。

不思議な野菜炒め。

確か冬瓜の麺。あっさり。

コースに含まれているお茶。

ワリと華やかな味がしたデザート。

そうそう!このほうじ茶か何かの、クリームブリュレみたいなプリンはとっても美味しかったnote デパ地下とかでも売れるハズ!

とまあ、2時間半ぐらいかけて愉しみました。そだ、やっと今思い出した! 先月の東京ローカルレストランのメルマガを見てコチラのお店の存在を知り、善は急げdashってな感じで突然行くコトにしたんだったよ。思い出した思い出した! シェフを始め、スタッフの皆さんも若く明るく、感じの良いお店でしたconfident 今年の秋冬は、もう少し中華巡りを増やしたいナーsign01

| | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »