エレファントカシマシ

Wednesday, February 23, 2011

エレファントカシマシ 日本武道館 2011年 新春公演

新春早々の1/9(日)、エレ様のLIVEに行って来た。


①奴隷天国
②今はここが真ん中さ!
③脱コミュニケーション
④moonlight magic
⑤旅
⑥九月の雨
⑦翳りゆく部屋
⑧歩く男
⑨珍奇男
⑩赤き空よ!
⑪夜の道
⑫赤い薔薇
⑬幸せよ、この指にとまれ
⑭ハナウタ~遠い昔からの物語~
⑮彼女は買い物の帰り道
⑯ネヴァーエンディングストーリー
⑰シャララ
⑱明日への記憶
⑲笑顔の未来へ
⑳いつか見た夢を
㉑桜の花、舞い上がる道を
㉒朝
㉓悪魔メフィスト

㉔平成理想主義
㉕シグナル
㉖四月の風
㉗俺たちの明日
㉘ガストロンジャー
㉙ファイティングマン

㉚待つ男


今回特に素晴らしかったのは、12曲目の「赤い薔薇」。1997年に発売された『明日に向って走れ-月夜の歌-』というアルバムに収録されている元々大好きな1曲なのだけど、ナマで聴いたのは確か今回が初めてshine 私もひた走り続けようっと。

| | TrackBack (0)

Wednesday, December 29, 2010

エレファントカシマシ ZEPP TOUR 2010(Zepp Tokyo)

11/21(日)、久しぶりにエレ様のライヴに行って来た。ファンクラブの先行で整理番号100番台が取れたため、入場時には最前列にもまだ余裕があったが、ギュウギュウでない所が良かったので3列目のバーのド真ん中から観ることにした。ぶうがドリンクを引き換えにいっている間、隣りのお兄さんが人懐っこく話しかけてくれたので、立見特有のギスギス感が幾分薄らいだ。にしても、開演までの小一時間はホント退屈ねcoldsweats01

①脱コミュニケーション
②新しい季節へキミと
③俺の道
④あの風のように
⑤始まりはいつも
⑥good morning
⑦悲しみの果て
⑧彼女は買い物の帰り道
⑨幸せよ、この指にとまれ
⑩明日への記憶
⑪何度でも立ち上がれ
⑫歩く男
⑬星の砂
⑭旅
⑮さよならパーティー
⑯so many people
⑰男は行く
⑱花男

⑲習わぬ経を読む男
⑳寒き夜
㉑ガストロンジャー
㉒ファイティングマン

といった中で今回私がハマったのは12曲目の「歩く男」でありましたhappy02 ビートルズだかグループサウンズだか何だかを彷彿させる古臭いイントロから既に胸をくすぐられ、“夕暮れってヤツは…”のあたりで手のひらを胸にやる宮本さんの仕草にこんな感じ→lovelyになり、“孤独 彷徨 さらには希望 ~”の彷徨を‘歩行’と思い込み、「『歩く男』だから? 変わった歌詞だわwobbly」と目をパチクリさせてみたり、とにかく曲の間中、いやその後数日間(心を)持って行かれっぱなしとなってしまった1曲でありましたconfident

アルバムのインタビューで宮本さんが、「(人生は)一瞬一瞬が積み重なってるってコトに僕は今頃気づいて…。皆さんはとっくに知ってるんだろうけど(笑)」みたいなコトを話していたのがとても印象に残って。今、この瞬間の光は次の瞬間、絶対では、本当は無いのだけど、ついつい永遠と、当たり前に次がやってくると思い込んで大半の日々を過ごしてる幸せを、時々でも意識するコトは大事なコトと思う。40歳を迎えた今、この『歩く男』は私のテーマソング。(私の)葬式ではこの曲をエンドレスで流してくれ、とぶうに伝えたら、んじゃ俺は何にしよう?とあれこれピックアップをしていたっけ。…で、決まったかい?smile

| | TrackBack (0)

Saturday, December 11, 2010

ROCKIN’ON JAPAN 12月号

宮本さんが表紙とあっては買わずにはいられない! 3万字ものインタビューの中身は実に庶民的で、特にUR(旧住宅公団)の話とか宮本さんの引越しの変遷について折に触れ語られているトコロが興味深かった。つか、宮本さんがURの抽選に申し込むのとか出来るんだー!っていう驚きが大きかった(笑) 我が家もURファンの端くれとして、いつの日か宮本さんとUR談義でもしながらお酒を酌み交わしてみたいものであるbottle ま、その時は是非、赤羽で~smile

| | TrackBack (0)

Sunday, March 28, 2010

2009年10月24、25日 日比谷野外音楽堂

こちらは初回限定版。デカッsign01 LPサイズで写真集もついており、開場前に客席をうろつく宮本さんたちや、タバコをくわえながらリハを行うせいちゃん等が写っています。DVDは全部で3枚あって、24日で1枚、25日で1枚、そしてボーナストラックとして「ファイティングマン」やメイキング等が入った1枚の全3枚組で税込8,800円也~。

初日はどしゃぶりの雨で大変だったmist 我が家は、開演中は降らナイだろう、と根拠の無い予測から雨具を持たずに向かい、結果、会場で(私だけ)カッパを買うハメになった。何故だかぶうは我慢をしてズブ濡れで観ていた。「夢のちまた」でおとなし気味に始まったこの日は、正面・前目の良席であったが、始まってそうそう目の前の列に、背の高い細っこい男子が座席のある連れ?と共に紛れ込んできて、席の上に立ってみたり大声で歌ってみたり、そのまま居付こうとしたので、隣りの女性がチケットの確認をしようとしたら逆切れして騒ぎ、結局は出て行ったのだけど、数分間ステージに集中するコトが出来ずケチがついてしまった、という残念な出来事があったdespair そうそう、この日は好きな曲の一つである「季節はずれの男」が聴けて嬉しかったnote 雨の中で雨の曲を聴けると「ラッキー!」と思う。「シグナル」も聴き入ったなぁ…。

翌日は晴れ、「奴隷天国」で元気良く始まった。この日の曲では「コール アンド レスポンス」が好きねup そういや昨夜、ぶうが「それを愛と呼ぶとしよう」を聴きだしたので、最近その曲が好きなのよ、と打ち明けると、ぶうもすきだったみたいで珍しく好みが一致した。次のライブでは是非にこの曲を聴かせて欲しいと願う。最後の「これから~も~ よろしくな~~」のズッコケ感だけは未だ拭い切れずにいるが、ソレ以外が実に沁みる。同じ宮本さんでも、若かりし日には書けず、そして書く気にもならなかったであろう一曲で、年を重ねた今だからこそ生まれた作品だと思う。ところどころの声の出し方がまたたまらなかったりするのだが、そんな想い入れはまた別の機会に…smile あー早く、今年のライブのスケジュールが知りたいsign03 あちこち行きたいよ~dash

| | TrackBack (0)

Sunday, January 17, 2010

エレファントカシマシ 新春ライブ(東京二日目)

1/9(土)の開演は17:00。会社の新年会帰りのぶうと待ち合わせて二日連続の渋公へ。この日の席は2階席右寄りのかなり後ろ目の方。ファンクラブ枠のチケットでした~。

①Sky is blue
②真夜中のヒーロー
③今はここが真ん中さ!
④おかみさん
⑤ゴッドファーザー
⑥すまねえ魂
⑦ネヴァーエンディングストーリー
⑧絆
⑨真冬のロマンチック
⑩こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい
⑪ジョニーの彷徨
⑫化ケモノ青年
⑬クレッシェンド・デミネンド-陽気なる逃亡者たる君へ-
⑭ハナウタ~遠い昔からの物語~
⑮さよならパーティー
⑯幸せよこの指に止まれ
⑰赤き空
⑱FLYER
⑲俺たちの明日

⑳まぬけなJohnny
㉑地元のダンナ
㉒笑顔の未来へ
㉓桜の花、舞い上がる道を

㉔待つ男

この日は前日よりも2曲多く聴かせてくれた。その2曲のいずれも好きな曲だったので良かった。正直、私はエレ様の曲のタイトルをキチンと把握していない。何故なら、2年位前ぶうと二人で突如エレ様にハマった時、私の小っさなiPod(唯一にしてエレ様専用)にぶうは、たくさんのエレ様の曲を入れて持たせてくれたが、アレにはタイトルとかが出る画面みたいのが付いておらず、通勤のお供にランダムに…という聴き方をしていたら、タイトルは自分の印象で出来てしまったのである。例えば、13曲目の「クレッシェンド・デミネンド-陽気なる逃亡者たる君へ-」という曲は、私の中では“てる子の精神”という覚え方をしており、恐らく今後もそう思い(込み)続けるであろう。だって、そーゆー風に聴こえちゃうんだもんsmile 「まぬけなJohnny」はそのまんまだから大丈夫。けど、「ジョニーの彷徨」は、もう一つの…、とか、変な方の…、とか言ってるかも。だってアノ漢字、普段使わナイでしょ?sweat02

| | TrackBack (0)

Thursday, January 14, 2010

エレファントカシマシ 新春ライブ(東京初日)

先週の金曜日は渋谷のC.C. レモンホール(渋公)にて、エレ様のライブがあった。宮本さんも“渋公”と口にしていた。私にとっても、やっぱアソコはいつまでも渋公。この日のチケはディスクガレージの有料会員でいらっしゃる1合タンに取ってもらった。いつもありがとう~happy01

①Sky is blue
②真夜中のヒーロー
③今はここが真ん中さ!
④おかみさん
⑤ゴッドファーザー
⑥すまねえ魂
⑦ネヴァーエンディングストーリー
⑧絆
⑨真冬のロマンチック
⑩こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい
⑪ジョニーの彷徨
⑫化ケモノ青年
⑬ハナウタ~遠い昔からの物語~
⑭さよならパーティー
⑮幸せよこの指に止まれ
⑯赤き空
⑰FLYER
⑱俺たちの明日

⑲地元のダンナ
⑳笑顔の未来へ
㉑桜の花、舞い上がる道を

㉒待つ男

ワリにおとなしめの印象を受けたが、宮本さんも何度か「ホームのようにあったかい」と口にしていたように、会場のムードが柔らかかったように思う。私の中のこの日のヤマは、久しぶりに聴いた「絆」と、大好きな「ハナウタ」と、めちゃくちゃツボった新曲(いわゆるB面sign02)の「赤き空」。「赤き空」ktkrnotesってぐらいに揺さぶられた。コレを聴けただけでも来た甲斐があった!と思った。ちなみに我が家では“赤いトラクター”と呼んでいる。だって、ちょっと演歌っぽいんだもんsmile

| | TrackBack (0)