ビストロ

Saturday, July 10, 2010

ビストロ ラ・シブレット ⑤

6月のシブレット。ぶうは今年初の夜シブでしたnight

まずはポル・ロジェをボトルでお願いし、乾杯~shine

lovely

三重県的矢産岩ガキエシャロットビネガー

ぶうだけ頼んだ岩ガキを一口だけ貰った。久しくコースを食べていないので迷ったけれども、黒板メニューを見てしまったら、やはりこの日もアラカルトで…wink

近頃はだいぶ、セーブしながらパンを食べられるようになってきた気がする。この日もコレ1切れで大丈夫だった。

生うにと人参のムース コンソメゼリーよせ

奪い合いにならぬよう、1人1つずつはお約束。

2本目はアルザスの白(リースリング・グラン・クリュ・フェルシグベエルグ 2001)で。

お肉屋さんの盛り合わせ

ぶうの好きな一皿pig でも、ブーダンノワールは殆ど私が頂きます。

牡丹海老と桃のサラダ

この日、最もそそられた字面がコレheart01 頼まないワケがないでしょ~dash

貝類のスープ

牡蠣もゴロンと入ってたりして、かなり具(貝)だくさんなスープでしたconfident

シャラン産 鴨ムネ肉のエマンセ 牛蒡のソース

もの凄く美味しいお肉だったけれど、珍しくぶうが2切れぐらい口にしただけでお腹いっぱいになってしまい、泣く泣く包んでもらうコトに…weep 相当残したのがいけなかったのか、いつものカヌレも出してもらえず、ちと最後が残念だったナ…。でも、次の日温め直して食べたらやっぱ絶品でしたsign03 さすがシブレットcrown 今月は(我が家にしては)外食予定が立て込んでいて、珍しくシブレットの予約を入れておらず、でも8月はランチに行きたいと思って1日に電話したら、17時半過ぎに繋がった時には既に空きが無くって、結局しばらく行け無さそう…down ヤケに今月は電話が繋がらなかったナ。けどまあ、今回行って再確認したのは、我が家はやっぱ昼シブ向きだなってコト。夜は年に2回ぐらい行ければok よし、9月の予約頑張るゾーrock

| | TrackBack (0)

Sunday, May 23, 2010

ビストロ ラ・シブレット ④

今月は1合氏のお誕生日祝いに声を掛けてもらい、ぶう抜きでの訪問となった。また雨mist

確か昨年の9月ぐらいに初めて頂いて、身のふっくら加減と浅く漬かった感のあるそのアンチョビの美味さにぶう共々シビれ、この日また口にするコトが出来、とっても嬉しかった。

デュヴァル・ルロワ・フルール・ド・シャンパーニュ・ブリュット

ピノ・ノワールが75%でシャルドネは25%のキュヴェのみを使用し、最低3年は熟成させているのだそう。エチケット中央のハートは、このデュヴァル・ルロワ社がある村の紋章で、シャンパン造りに対する「愛」を表現しているんだって。

1

いつものパン。

勝浦産初鰹と水茄子・帆立貝のマリネ

マダムおすすめの一品。

ホタルイカとびわのクスクスタブレ

“タブレ”とは、クスクスがメインのサラダのようなものらしい。また食べてみたいけど、ぶうはクスクスを嫌がるんだよねぇ…sweat02

キャロットラペ

コチラで頂くのは初。しかし、コレに関してはぶうの勝ち~crown

マルク・ブレディフ ヴーヴレイ 2007

シュナン・ブラン100%の、ロワールはトゥレーヌ地区の白ワイン。

フランス産 ホワイトアスパラガス卵黄バターソース

春先に頂いた時のソレとは比べ物にならぬぶっとさdash どうしても春先を過ぎると今ひとつ食指が動かなかったりするのですが、本当は5~6月ぐらいが一番美味しいんだってね。覚えておこっと。

ヤリイカ・カキ・カニのリゾット

前にも一度、コチラのリゾットを頂いたコトがあったのだけど、お米の芯の残り具合がヒジョーに好みでありますheart04

ルモワスネ ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ

ヴィンテージは失念。でも確か1990年代半ばのモノだったような…。色味は何なら暗めのボジョレーのような明るさsign02にも見えたが、まろやかに開いていてとても飲みやすかった。

田舎風パテとフォワグラのパートフィロ包み焼き

お!また“パートフィロ”だわ。

お野菜も添えられてconfident

バスク産 マネッシュ豚肩ロースのグリエ

見事なピンボケぶり…sweat02 初めて聞く豚だったので強く惹かれてpig 左上に映ってる骨のトコが余ったので、ぶうにお土産で持って帰った。

名物グラタン・ドフィノワも。

1合タン、お誕生日おめでとう~birthday 1人1皿はキツかったので、4人でシェアしましたfull

何だ。ハーブティーも頼めるのか。知らなかった。これからはハーブティーにしよっと。

珍しくチョコが乗っている! おまけのパリパリも美味しかった! ご馳走さまでした~happy01

帰り道にこんなお店を発見eye いつもは昼が多いから気付かなかったわsmile

| | TrackBack (0)

Monday, April 19, 2010

ビストロ ラ・シブレット③

浅草橋は江戸通りの空。

少し早目に着いたので大回りして、いつもとは逆から入店しましたconfident

このアミューズは数ヶ月連続で頂いていますが、(新玉ネギが)出始めの頃の柔らかな甘みは薄れ、シャキシャキしっかりとした食感を愉しめるようになり、季節の移ろいを知らされます。

赤穂産 真ガキエシャロットビネガー

こちらはアラカルトで1ヶずつ頂きました~。

ズワイガニとアボカドのサラダ

昼夜共通のコチラの前菜は、ずっと気になってはいたものの未食だったため、ブーダンノワールと迷いつつも頂くコトにしました。アボカドはもっと大きいのかと思っていたけど、そうでもなかったので、苦しまずに完食を。ちなみにぶうは毎度飽きぬフォワグラのポアレを、いつもの如く興奮しながら食べていましたdash

この日頂いた白ワインは、ドゥー・モンティーユのリュリー・ブラン。あの鼻ピアス・リュリーよりもクセが無く、すっきりとした味わいだったけど、私は鼻ピアス・リュリーの方が好みと思った。この調子でしばらくは、リュリー比べで楽しめそうだナ!

ブルターニュ産 仔鴨のソテー バルサミコソース

この日は珍しく、2人揃って↑を頂いた。仔鴨の下にはクスクスがいて。まあとにかく、唸りながら食べた。美味かったsign03

そうそう、この日はマダムの声が(お風邪か何かで)ガラガラで、辛そうだった。でも、いつもの明るさで「オカマ声ですみませ~んsweat01」と言いながら、いつも通りに明るくテキパキとこなされていたのが印象的だった。

ぬこ発見cat ちなみにぶうは、5月はお休み。私は久しぶりに1合タン達とご一緒させて頂くの。夜シブは今年初なのでとっても楽しみnote でも、あのボリュームに勝てるかは不安…sweat02 いいや、次の日休んじゃえ~!(笑)

| | TrackBack (0)

Wednesday, March 24, 2010

RACINES Boulangerie&Bistro

池袋にちょいとシャレたビストロを発見。まずは無農薬紅茶のカクテルを注文。

基本はパン屋さんらしいのですが、昼間はカフェっぽく、夜はビストロっぽく、それぞれの時間を楽しめるようです。おまかせのパンの盛り合わせにはホイップバターがたっぷり付いてくるので、惜しみなく塗り放題!

ラシーヌ煮込み 越後赤味噌と赤ワインのモツ煮 2009冬

ぶうにはかなり不評だった一皿。残念down

菜の花と何ちゃらのホニャララ…、細かいコトは忘れてしまったけど、まぁ見た目通り爽やかな美味しさだった気がする。

目印はコチラの看板。ジュンク堂の裏手の地階にあります。週末のこの日、パンを買うつもりで予約無しの飛び込みで入ったところ、席が空いていると聞き、じゃあせっかくだからカウンターでサクッと…、ってな感じで座りました。このカウンターがガラス越しに調理場が丸見えで、ぶうは興味シンシン。店員さんが大きな黒板メニューを目の前まで持って来てくれるのでじっくり迷えますconfident にしても、パン屋に併設しているからか何なのか、調理場もフロアもどこもかしこもスタッフが多い! 今どきこんなに雇えるだなんて、よっぽど儲かっているとしか思えぬ人数! でも皆さん気さくで楽しく明るいお店という印象を持ちました。

帰りがけ、思いがけず頂いたお土産present コレがめちゃウマでびっくりhappy02 何でも、時間帯によって店頭に並ぶパンの種類が異なるそうで、昼・午後・夕方とどの時間もかなり魅力的。次行く時はパンをいっぱい買いたいナbread これで、池袋の東武側はUOKIN、西武側はこの『RACINES』、とお気に入りのお店が出来たので嬉しい。困った時はどっちかに行けば間違いナイもんね~。

| | TrackBack (0)

Saturday, March 20, 2010

ビストロ ラ・シブレット②

今シーズンの開幕を祝しsign02昼シブ。あいにくの雨sprinkle

シャトー・デ・トゥレット ギュファン・ブラン・ビアン・アンタンデュ 2007

昨年、初めて行ったボキューズのワイン会(Vol.4)にて飲み美味しかったワインがシブレットにも置いてあったので注文! 確かシャルドネと土着品種で造られているって錦織さんが言ってた気がする。

ホタルイカと帆立のカルパッチョにカリフラワーのポロポロとした食感がアクセントとなって、春らしい一皿でした。別皿でサラダも付いてきた。

鱒のエチュベ? 忘れちゃった。この日はぶうが前菜にチョイスしたフォワグラのポアレが美味しかった。いや、元々美味しいのは分かってるんだけど、いざ黒板見るとどうも旬のモノに惹かれて、定番モノは「次回でいいっか」って、どんどん後回しになっちゃうのよねsweat02 ソレのいい例がブーダンノワール。毎回行く前は「今日こそブーダン!」って思いながら向かうのだけど、前回(一皿)食べたのって5月だもんナ…coldsweats01 来月こそは何としてもっrock ごちそうさまでした~fullhappy01

| | TrackBack (0)

Monday, March 08, 2010

ビストロ ラ・シブレット

Dscn7107

2月の後半、本年初のシブレット詣でを済ませて来た。自転車でいらしてるのはご近所さんかナ?

お楽しみのアミューズは、新タマネギがのっかったピザパンsign02みたいなの。フレンチだと何て言うの?こーゆーのは。ま、とにかく新タマネギの柔らかな甘みに、しばし時を忘れますconfident

新物!ホワイトアスパラガス 卵黄バターソース

この日のNo.1は、この卵黄バターソースshine ふわっふわでホワッホワな感じのソースで、アスパラにたっぷり絡めて頂くのはもちろん、ここで例のカンパーニュの登場ですよ、皆さん!

ちっとも思い出せないこの魚…fish 半身でデケーッsign03って思ったコトは覚えてるんだけど…coldsweats01 左上にチラリと写っているピリカラマヨソースみたいなのをつけて頂きました。そういや今年は、なるべくドコに行っても魚貝系をチョイスして食べてみようと思っているのです。

カヌレとデコポンsign02

昼酒ファンの我が家が大好きな、土曜の昼シブ。2,500円でズラリこの内容は圧巻でしょhappy02 撮り忘れているけど、アミューズの後には湯呑みサイズのカップでスープが頂けます。コレは夜シブには無いので、何か得した気分に…note ぶうは追加で牡蠣も頂いていました。アラカルトのデセールを追加されている方々もいらっしゃるけれど、凄い…凄すぎるsweat02 だってお腹、苦しくナイの~sign02wobbly そうそう、この日はまずシードルで乾杯をし、白ワインを1本頂いたのですが、店頭ではもう殆ど見かけなくなったあのジャドの150周年のキュベがリストにあったので、迷わずオーダーしてしまいました! 嬉しかった~happy01

夜シブはもう少しお預け。だって夜行くと絶対、あのウニお願いしちゃうじゃない? コレ以上、尿酸値に慄きたくナイので、しばらく我慢します…(泣) あー、何をどれだけ食べても健康な身体になりたいよ~dash

| | TrackBack (0)